低血糖対策をしよう!血糖値が低い原因や症状は?食事で出来る対処法

低血糖対策の導入

皆さん、血糖値って知っていますか?
正常値から外れて高くなったり低くなったりすると、体に異常をきたす値です。
このサイトでは血糖値が低くなる「低血糖」の症状に焦点をあてて、その原因・症状・対策方法を検証していきます。
自分の血糖値を知ることで体の状態をより正確に把握し、しっかりと対策をとって行きましょう。

 

 

 

血糖や血糖値って何?

血糖値とは何を指すか

血糖とは、血液に含まれるブドウ糖のことをいい、その量が血糖値として示されます。
血糖値が高いと聞くと、ブドウ糖が悪者のように思えてくるかもしれませんが、ブドウ糖は体にとってとても大切な役割があります。
人間は、食事からとったブドウ糖をエネルギーにして生きています。
つまり、ブドウ糖がないと人間は動くことも考えることもできなくなってしまうということですね。

 

ブドウ糖はどうやってエネルギーに変わる?

では、ブドウ糖は食事からどのようにエネルギーとして使われるのでしょうか?
食事や飲み物には「糖質」が含まれています。
糖質は消化の過程で「ブドウ糖」に分解されて、小腸から吸収されて肝臓に送られます。
肝臓までくると、多くのブドウ糖が結合した「グリコーゲン」に形を変えて貯蔵されます。
グリコーゲンは、体がエネルギーを必要としている時に分解されて再びブドウ糖に戻り、全身の細胞でエネルギーとして利用されるのです。

また空腹時には、糖質以外の物質からもブドウ糖が作られています。
これは肝臓で行われている「糖新生」という作用です。
作られたブドウ糖は、もちろんエネルギーとして全身で使われていますが、余ったブドウ糖は筋肉脂肪組織などに蓄えられています。

 

血糖値をはかる場合はいつ測るの?

さて、血糖値の値は食事の影響をかなり受けやすいという特徴があります。
そのため測定が「食前」か「食後」かによって、検査項目も大きく3つに分けられています。

空腹時血糖値

水分を除いて、10時間以上絶食した状態で測る血糖値です。
一般的に健康診断などで測ることが多く、前日の夜から絶食して翌日の午前中に採血して測定します。

ブドウ糖負荷後2時間値

75gのブドウ糖に相当する液体を飲んで、その2時間後に採血をして測る血糖値。
糖尿病の可能性が否定できない場合などに使われることが多いです。

随時血糖値

食事をとっているかにかかわらず測定する血糖値をさします。
糖尿病の診断に用いられます。

 

みなさんがよく血糖値として認識しているのは、上記の空腹時血糖値のことを指しています。
糖尿病と疑われたときに追加で検査する項目として、2と3があると覚えておくといいでしょう。

低血糖とは?症状の起こり方を紹介

低血糖とはどう言った状態?

では、低血糖とはどう言った状態を指すのでしょうか?
血糖値というのは、血液中のブドウ糖の量のことですので食事などによって多少の変動をします。
正常な範囲としてはだいたい70〜120mg/dlの間におさまっていますが、何らかの要因によってこの正常な範囲よりも低くなってしまうことがあります。

この状態が低血糖と呼ばれる状態です。

 

誰でもなりうる!低血糖

低血糖は、糖尿病の患者さんがなるイメージがあると思います。
糖尿病の薬の副作用としてよく知られていますのでそのようなイメージになるのだと思いますが、健康な人でも低血糖になる可能性はあります。

 

食事の間隔が空き過ぎてしまったり、忙しくて飲み物も飲む暇がなかった時、

  • イライラしたりぼーっとしたり、頭痛がしたりした経験はありませんか?
  • 異常な空腹感におそわれたことはありませんか?
  • 食事をとった後に異常な眠気におそわれたことはありませんか?
  • これらの症状には、低血糖が関わっている可能性があるのです。

     

    さて、低血糖は血糖値が正常な範囲よりも低くなると説明しましたが、実際に血糖値を測ってみないと低血糖であることを示すことができませんよね。
    低血糖は症状が出ることで本人が自覚することが多い病気ですが、実際には血糖値が正常な範囲よりも外れていたとしても症状が出ない人もいます。

     

    低血糖の症状とは?

    ではどんな症状が出るのでしょうか。
    血糖値が下がりすぎると、体は血糖を上げようという方向に傾きます。
    血糖を上げるホルモンの中に、エピネフリン(アドレナリン)というものがあります。
    このエピネフリンが分泌されると自律神経症状といわれるものが現れるため、だいたい自分でも低血糖を自覚することができるようになります。
    ただし、この時点で症状に気づかなかったり放置したりすると、さらに血糖が下がってしまいます。
    そうすると中枢神経症状が現れ、さらに進むと大脳機能の低下につながってしまいます。

     

    自律神経症状とは空腹感・冷や汗・動悸・手の震え・不安感・顔面蒼白など

    中枢神経症状とは頭痛・悪心・嘔吐・眠気・集中力の低下・目のかすみなど

    大脳機能の低下とは痙攣・昏睡状態

     

    症状の起こり方

    低血糖の症状の現れ方や感じ方は人によって様々です。
    通常、自律神経症状が現れてから中枢神経症状が起こってくるのが一般的ですが、中には突然何の前触れもなく意識障害が起こる場合もあります。
    冷や汗や手の震えといった症状が現れた場合は本人が異常を察知できるので、症状が強くならないうちに対処できますが、いきなり意識障害が起こってしまうと自分ではどうすることもできません。
    家族や周囲の人の迅速な対応が必要となってきます。
    対応が遅れてしまうと、最悪な場合は死につながることもありますので、とても怖いですね。
    空腹時に頭痛などを感じる方は、このサイトなどを参考にしっかりと対策をたてて行きましょう。

    糖尿病じゃない人も低血糖になる?!その原因とは

    低血糖が起きる原因とは?

    低血糖のほとんどは、糖尿病の治療のために使用している薬によって起こります。
    糖尿病を抱えている人は、普段より食べる量が少なかったり運動量が多かったりすると、薬の効果が効き過ぎることで血糖値が低くなります。
    このことによって低血糖を起こしてしまうんですね。
    しかし、健康な人でもまれに低血糖を起こすことがあります。
    この項では、糖尿病でない人がおこす低血糖の原因をわかりやすく解説して行きます。

     

    健康な人でも低血糖を起こす?その原因とは

    原因としては糖質の過剰摂取があります。
    お菓子類や飲み物には、ブドウ糖がたくさん含まれています。
    通常の量のブドウ糖であれば、体の機能が正常に働くために血糖値も安定した状態を保つことができます。
    しかし、過剰な糖分を摂りすぎることで、摂取したブドウ糖をエネルギーに正常に変換することができなくなります。代謝機能への負担がとても大きくなるのです。

     

    血中のブドウ糖の濃度を安定させているのは、
    膵臓から分泌されているインスリンというホルモンです。
    しかし、繰り返して過剰な糖質が体の中に入ってくることで膵臓はインスリンを大量に分泌しなければならなくなります。
    そのうち膵臓は疲弊してしまい、分泌するインスリンの量を制御できなくなります。
    それにより必要以上に血糖値を下げてしまうことが起こるのです。

     

    また、健康な人でも

    • カフェインやアルコールなどの飲みものの飲み過ぎ
    • たばこの影響

    上記が原因で低血糖を起こすことがあります。
    過剰な摂取により血糖コントロール機能がうまく働かなくなることが原因です。

     

    持病に付随して起こる低血糖

    例えば

  • 胃下垂の人
  • 貧血がある人
  • アレルギー体質
  • 甲状腺機能障害
  • に付随して低血糖が起こる場合もあります。
    さらに、ストレスも血糖コントロールに関わるホルモンを分泌する副腎を疲れさせるので低血糖の原因となります。
    低血糖の症状としては、前項にもあるように
    初期には

    空腹感・冷や汗・動悸・手の震え・不安感・顔面蒼白

    があります。
    さらに低血糖が進むと、

    頭痛・悪心・嘔吐・眠気・集中力の低下・目のかすみ

    などが起こり、さらに症状が進むと、

    痙攣や昏睡状態

    を招きます。

     

    低血糖の症状が出たらどうすればいいの?

    低血糖が起こった場合はすぐに糖質を補給して安静になりましょう。


    低血糖を甘く見ていると危険な状態になることもありますので注意しましょう。
    症状を起こしがちな方はきちんと対策をして行きたいですね。

    低血糖と糖尿病の関係・関連は?

    低血糖と糖尿病の関係

    糖尿病と血糖値の関係

    人間は食事や飲み物からとったブドウ糖をエネルギーとして生きていますが、血中のブドウ糖の量が何らかの原因によって増えてしまった状態のことを糖尿病といいます。
    ブドウ糖の調節をおこなっているホルモンはインスリンといいますが、このインスリンの作用不足によって血糖値のコントロールがうまくいかなくなり、血糖の高い状態が続いてしまうのです。

     

    糖尿病の初期には自覚症状があまりありませんが、進行していくことで、口渇や多飲、体重減少などの症状が現れ、さらに進行することで深刻な合併症を引き起こすことがあります。 現在糖尿病の患者数は約950万人となっていますが、自覚症状がなく通院していない人を含めるとおそらくもっと増えることでしょう。

     

    糖尿病の治療方法

    主な治療方法としては、食事療法・運動療法・薬物療法があげられます。

    食事療法

    食事療法は、患者さんの性別や年齢、身長や体重などによって、1日の活動量に見合ったエネルギー量を摂取するように、バランスのよい食事を摂る療法です。

    運動療法

    運動療法は、運動をすることで血液中のブドウ糖や体の余分な脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるため血糖値を下げやすくします。

    薬物療法

    食事や運動でも改善されない場合は薬物療法となります。
    薬物療法は、飲み薬注射薬に大きく分けられ、糖尿病のタイプや患者さんの状態によって選択されています。
    糖尿病はインスリン不足が原因ですが、インスリン自体を補充する事は注射薬でしかできませんし、インスリンはたんぱく質なので、熱を加えたりすると壊れてしまう為、内服薬などにすることができません。 
    インスリン注射で治療をしていると些細な生活の変化で低血糖を起こしやすくなり、

  • 食事のタイミングが遅れた
  • 食事の量が少ない
  • いつもより激しい運動をした
  • などにより、インスリンが効き過ぎて低血糖を起こしやすくなります。

    現在インスリン注射にはいろんなタイプのものが出ています。
    担当医の指示にしっかりしたがって正しく使いましょう。

    また、サプリメントを摂ることで血糖値が高くなる前に予防をすることも一つの対処方法と言えるでしょう。
    血糖値サプリランキング!血糖値を下げる19個のサプリメント成分比較にはサプリメントが沢山紹介されています。

     

    低血糖の対策とは?食事や飲み物・空腹に気をつけて症状を防ごう!

    低血糖を予防しましょう

    健康な人が低血糖を予防する方法としては以下のものがあげられます。

     

    食事の間隔を空けすぎない

    食事は体を動かすためにとても重要です。
    食事の間隔が空き過ぎてしまうと、エネルギー不足を招き、低血糖になりやすくなります。
    その点で、夕方におやつを食べることは効果的に働く場合もあります。

    空腹を感じる時、食事の間隔が空きそうな時には捕食を行うといいでしょう。

     

     

    朝食を抜かない

    朝食を抜いてしまうと、夜から何も食べていない状態となってしまうため食事の間隔がかなり空いてしまいます。
    睡眠中にもエネルギーは使われていますので、朝食を抜いてしまうとエネルギー不足になります。ダイエットなどを行っている方は気をつけて下さい。
    時間がない時でも、せめて野菜ジュースなどの飲み物だけはお腹にいれたいものです。

    頭が働かない、ぼーっとするなどの症状が出やすくなるので気を付けましょう。

     

    バランスのよい食事

    これは基本中の基本で、血糖値の管理には欠かせないことです。

    血糖値を上げやすい食品などを意識しながら食事を取りましょう。

     

    糖質を取り過ぎないようにする

    糖質を取ると血糖値は上がります。
    血糖値が上がるとインスリンが分泌されて血糖を下げようとしますが、糖質を取り過ぎるとインスリンが過剰に分泌されてしまい低血糖を引き起こしてしまいます。

    砂糖などはすぐにブドウ糖に変換されて血糖値を上げてしまいます。
    取り過ぎに注意しましょう。

     

    食前の過剰な運動は避けること

    運動するとエネルギーが一気に使われてしまうため体に貯蔵してあったブドウ糖使われてしまい低血糖を引き起こしやすくなります。

    空腹での運動を避けることで低血糖も予防できます。

    必要であれば捕食をしてから運動するといいでしょう。

     

    食前の入浴は避けること

    入浴もかなりのエネルギーを使います。
    特に糖尿病の人は空腹時に入浴することで低血糖を起こしやすいといわれています。

    入浴中に低血糖を起こしてしまうとかなり危険なため注意が必要です。

     

    カフェインやアルコールなどの嗜好品を取り過ぎない

    カフェインやアルコールを取り過ぎることで、血糖を下げる方向に体の機能が傾いていきます。

    嗜好品を摂取する時も適度な量を守りましょう。

    血糖値を気にされる方におすすめのサプリメントとは?

    糖尿病は、血糖値が高い状態が慢性的に続く病気です。
    糖尿病になると薬物治療を行いますが、それに伴って低血糖を起こしやすくなるんですね。
    糖尿病が進行すると合併症を引き起こすこともあり、命に関わることもあります。
    食事に注意しなければならないことは分かっていても、食生活を一新するのがなかなか難しい方も多いと思います。

     

    血糖値のバランスを気にされる方へのサプリ・白井田七!

    おすすめサプリメント白井田七

    そこでおすすめしたいのが白井田七というサプリメントです。
    このサプリメントには田七人参が使用されており、サポニンという成分が含まれています。

     

    サポニンに期待出来る効果

    サポニンは医学的にも血糖値を正常化させる効果があると言われている成分です。

    血液の巡りをよくすることで知られています。

    また

    悪玉コレステロール値を下げたり

    中性脂肪値を正常化させる効果
    も期待できます。

    サポニンは血液に直接作用する成分です。
    そのため糖尿病だけでなく、生活習慣病である高脂血症などにも効果が期待できるといわれています。
    またサポニンには

    抗酸化作用がある
    といわれています。
    体の老化は活性酸素が原因とされていますが、この活性酸素を抑えてくれる効果を持つものがサポニンです。
    そのため、加齢により衰えてくる体の機能をいい状態に保つ効果があるのです。

     

    サポニンとは?

     

    白井田七の中には何が含まれるの?

    高麗人参が体に良いというのは、よく聞くと思いますが、この田七人参には高麗人参の約7倍もの成分が含まれているといわれています。
    この「白井田七」にはサポニンの他にも、リラックス効果の期待できるフラボノイドギャバ、体の調節機能に欠かせないアミノ酸やキレイの手助けをしてくれるビタミンカロチンなどが含まれています。
    サプリメントのような人工的なものはちょっと…と思われる方もいるかもしれませんが、この「白井田七」は完全無農薬・有機栽培された田七人参を、限りなく天然に近い状態でみなさんのところへ届けるために、品質管理がしっかりなされているサプリメントですので、安心して取り入れていただけます。
    サプリメントを上手く活用して健康な生活を手に入れましょう。

     

    白井田七キャンペーン

    さいごに

    低血糖のまとめ

    低血糖症状がどんなものかわかりましたでしょうか?
    空腹時に頭痛や吐き気など覚える方、自分でも気付かない内に、血糖値が下がっている可能性があります。
    低血糖の症状を放置すると、痙攣・昏睡などの重い症状に繋がる危険もあります。
    症状があらわれる前に、普段から意識して体に負担のかからない生活を送りたいですね。